<沿革>

明治30年
初代ナガクラ勇次郎により、通横丁にて、硝子販売業を創業
明治45年
二代目新太郎が、これを継ぐ
昭和 9年
旭硝子㈱の特約代理店となる
昭和10年
三代目利之が、これを継ぐ
昭和23年
㈱長倉新太郎商店を設立
昭和44年
トステム㈱の代理店となる
昭和60年
四代目利和が、これを継ぐ
平成 2年
現所在地に新社屋を完成、同時に社名を㈱ナガクラとする
平成19年
現代表、宏武が社長に就任


ギャラリー


大正3年頃    沼津市通横町付近  左に見えるのが初代長倉商店  右に見えるのが御成橋




昭和XX年    沼津市通横町付近  昭和初期頃の長倉新太郎商店本店




昭和XX年    沼津市市場町付近  昭和4,50年頃の長倉新太郎商店